TRS-80

TRS-80は、1970年代終盤から1980年代初めにタンディ・コーポレーションが製造し、同社が経営する家電量販店のラジオシャックにて販売したマイクロコンピューターのいくつかのシリーズのブランド名である。1977年11月に出荷が始まり、同年12月のクリスマス前には各店舗に並んだ。ホビーストや一般家庭やスモールビジネス分野で人気となった。バイト誌が "1977 Trinity"(Apple、コモドール、タンディの3社)と呼んだ中でもタンディは首位であったが、その背景には3,000店以上のラジオシャックを通してコンピュータを販売していたという事実がある[2]。最初のTRS-80は、QWERTY配列のフルストロークのキーボードを備え、小型であり、浮動小数点数をサポートしたBASICプログラミング言語を内蔵し、モニターが付属して600ドルで発売された[1]。リリース前の予約価格は500ドルで、事前に手付金として50ドルを渡しておき、商品受け渡し時に手付金を返還する方式だった。最初のシステムの最大の欠点は非常に電波干渉(RFI)が強いことで、AMラジオをコンピュータの隣に置いて電波干渉をゲームの効果音に使うことがあったほどである[3]。FCCは電波干渉についての規制を厳しくし、そのため Model I の代替として Model III がリリースされることになった[4]。TRS-80 Model I と拡張インタフェース種別ホームコンピュータ発売日 1977年8月3日 (1977-08-03)[1]販売終了日 1981年1月CPUZilog Z80 @ 1.78 MHzメモリ 4 KB(最大 48 KB) . . ....

ハンティントンビーチ

ハンティントンビーチ(英: Huntington Beach)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州南部オレンジ郡の都市である。2010年の推計人口は189,992人であり、オレンジ郡では人口最大の海浜都市となっている[1]。南西は太平洋であり、北西はシールビーチ、東はコスタメサ、南東はニューポートビーチ、北はウェストミンスター、北東はファウンテンバレーの各都市に接している。ハンティントンビーチCity of Huntington Beachハンティントンビーチ市街地旗章愛称 : サーフシティUSA位置カリフォルニア州におけるオレンジ郡(左図)およびハンティントンビーチの位置座標 : 北緯33度41分34秒西経118度0分1秒歴史市1909年2月17日行政国アメリカ合衆国 州カリフォルニア州 郡オレンジ郡ハンティントンビーチCity of Huntington Beach市長キャシー・グリーン地理面積   域81.7 km2 (31.6 mi2)    陸上  68.3 km2 (26.4 mi2)    水面  13.4 km2 (5.2 mi2)標高12 m (39 ft)人口人口(2010年現在)  域189,992人    人口密度  2,773.9人/km2(7296.2人/mi2)  備考[1]その他等時帯太平洋標準時 (UTC-8)夏時間太平洋夏時間 (UTC-7)公式ウェブサイト :...

グアムの戦い (1941年)

グアムの戦い (1941年)(グアムのたたかい、Battle of Guam)では、太平洋戦争における日本軍のグアム作戦によって発生した戦闘について述べる。第二次世界大戦 >太平洋戦争 >南方作戦 >グアムの戦い (1941年)グアムの戦い(1941年)グアムを攻略する歩兵第144連隊を描いた戦争画戦争:太平洋戦争年月日:1941年12月8日から12月10日場所:グアム島結果:日本の勝利交戦勢力大日本帝国アメリカ合衆国指導者・指揮官堀井富太郎少将ジョージ・マクミリン大佐戦力5286750-550損害戦死1、戦傷6戦死36-50、戦傷80南方作戦真珠湾マレーマレー沖シンガポールフィリピン香港グアムウェーク島ニューギニア沖蘭印バリクパパン沖エンドウ沖ジャワ沖ダーウィン空襲バリ島沖スラバヤ沖バタビア沖アンダマン諸島ビルマセイロン沖表示 . . . グアムの戦い (1941年) . . . 米海軍は日本の太平洋拠点地域における唯一の米領としてグアム島を重視し、西太平洋方面で作戦する場合の前進基地として、その確保は重要な意義を持ち、ハワイ、ウェーク、フィリピンに通ずる要衝でもあり、米国から東洋への船舶、航空機、海底電線の中継地でもあったが、その軍備は近くの日本への刺激になり、米本国からも遠く補給も困難という弱点もあった[1]。1941年、アメリカはグアム島に対し、アプラ港を潜水艦基地とし、施設の若干増設、オロテ半島の飛行場建設のため、少数の請負人夫を派遣したが、日本との開戦時に建設は間に合わなかった[2]。詳細は「グアム作戦」を参照1941年10月末、日本の陸海軍は対米英蘭作戦の計画をそれぞれで決定し、開戦劈頭、海軍のハワイ空襲とともに、陸軍は海軍と協同し、主力をもってフィリピン及びマレー半島を席巻し、蘭印を攻略して資源地を確保し、戦争遂行態勢確立を企図した。これら陸海軍の主作戦と並行して、開戦初期に実施するグアム、ウェーク攻略戦、ビスマルク諸島攻略など中南部太平洋方面の作戦は、南東太平洋の戦略態勢を有利にし、連合軍の反撃基地を覆滅して南方進攻作戦の左側面を掩護する支作戦であり、主として海軍が担当し、陸軍は南海支隊をもって協同することになっていた[3]日本軍はその大部分が11月下旬に小笠原諸島の母島に集合し、1941年(昭和16年)12月8日の開戦同日に水上偵察機16機によるグアム島空襲を実施し、小型掃海艇「ペンギン」を撃沈した。当時、グアムには日本人が数十人住んでおり、全員が開戦と同時にアメリカ軍によって逮捕監禁された。翌9日も日本軍は空襲を実施した。同日午後11時、日本軍はグアム島の島影を視認した。そして10日午前0時、輸送船が大型発動艇(大発)を海におろす作業を開始した。南海支隊は3隊に分隊し、西岸(楠部支隊)、東岸(堀江支隊)、北岸(塚本支隊)から上陸することになっており海軍陸戦隊は塚本支隊と行動を共にした。また、楠部支隊は午前4時25分に上陸を開始した。上陸地点付近は珊瑚礁であったが、海岸部は比較的平坦で海岸付近は風波ともに穏やかであったため、人員の揚陸に支障は無く戦闘も無かった。塚本支隊は午前3時10分に上陸を開始し。海軍陸戦隊もほぼ同時に塚本支隊から5キロほど離れた地点に上陸した。そして午前5時頃に米軍約80名と遭遇、約30分間の戦闘で米軍は死傷者約10名出したが日本軍陸戦隊は戦死者1名と少数の軽傷者で、グアム政庁を占領した。守備隊の司令官であったグアム総督マクミリン大佐は午前5時45分、他の地点にも日本軍が上陸しているとの知らせを聞き、これ以上の抵抗は自殺行為であり現地民に被害が及ぶことを防ぐため降伏した。この時マクミリン大佐以下150名が捕虜となった。塚本支隊は上陸点から密林の中を前進、やがて道路に到達し、そこを進んでいるうちに自動車を保有する少数の米兵と遭遇し、戦闘となりこれを全滅させた。海軍の水上偵察機も偵察・空襲行動を実施して陸軍の作戦を援護した。他の部隊が順調に作戦を遂行する中、東岸への上陸を担当していた堀江支隊は兵員の揚陸に困難を極めていた。当時、東岸付近の海上は風速10〜12メートル、波高2〜3メートルという悪天候であったため、輸送船から大発をおろす作業中に3隻が破損し使用不能となった。それでもなんとか大発に乗り込んで陸地目指して行動を開始したが、上陸予定地が荒れていたため予定を変更し少し南に上陸地点を移動させたが、ここも波が高かったため、やむなく船を海岸に乗り上げさせるという形で上陸した。この様な荒業を敢行したので、ここでも1隻が使用不能となっている。大発が何隻も壊れたせいで堀江支隊が戦闘に必要な最小兵力の揚陸を終了したのは戦闘のほとんど収束した午後3時のことであった。グアムにおける戦闘は1日で終結し、死傷者の合計は日本側が戦死者1名・負傷者6名、アメリカ側が戦死者36もしくは50名、負傷者80名を数えていた。捕虜となったアメリカ兵は、アメリカ人と地元住民あわせて650名であった。その後、開戦時に拘束されていた在留日本人数十名を救出している。この後、南海支隊はラバウルに転戦した。詳細は「日本軍によるグアムの占領」を参照日本軍に占領されるとグアム島は「大宮島」と改称され、さらに首都のハガニアは「明石」と改称された。 3年後にアメリカ軍に奪還されるまで日本軍の軍政下に置かれることとなった。日本軍はこの島をサイパンと並ぶマリアナ諸島海域及び中部太平洋戦線の重要拠点と考え、2年をかけて飛行場等を建設し要塞化した。 . . . グアムの戦い (1941年) . . . この記事はウェブサイトから発行されています Wikipedia....

武田徹

武田 徹(たけだ とおる、1958年9月27日 - )は、日本の評論家、ジャーナリスト、専修大学文学部人文・ジャーナリズム学科教授。前恵泉女学園大学人文学部教授。専門はメディア社会論、共同体論、産業社会論。この項目では、評論家・ジャーナリストの武田徹について説明しています。長野県で活動するラジオパーソナリティの武田徹については「武田徹 (ラジオパーソナリティ)」をご覧ください。 . . . 武田徹 . . . 東京都出身。東京都立富士高等学校、国際基督教大学人文科学科卒。同大学院比較文化研究科博士課程単位取得退学。大学院在学中より『週刊文春』、『諸君!』等に評論・書評などを執筆し、本格的に文筆活動を開始する。1984年に二玄社の嘱託社員となり、「NAVI」編集部に勤務。満州国・ハンセン病・核技術・インターネットなど幅広い分野での著作があり、2000年には『流行人類学クロニクル』でサントリー学芸賞社会風俗部門を受賞している。またジャーナリズムのあり方についての著作・発言も多く、2003年からは東京大学先端科学技術研究センター特任教授としてジャーナリスト養成コースを担当していた。2007年4月より恵泉女学園大学人文学部教授となる。2017年4月から専修大学文学部人文・ジャーナリズム学科教授。また崔洋一らと共にBRC(放送と人権等権利に関する委員会)委員を務めている。2008年3月よりマル激トーク・オン・ディマンド(ビデオニュース・ドットコム)の司会を不定期で務めている。 . . . 武田徹 . . . この記事はウェブサイトから発行されています Wikipedia. 元の記事は少し短縮または変更されている可能性があります。 一部...

キム・ハンター

キム・ハンター(Kim Hunter, 1922年11月12日 - 2002年9月11日)は、アメリカ合衆国の女優。キム・ハンターKim Hunter本名 Janet Cole生年月日 (1922-11-12) 1922年11月12日没年月日 (2002-09-11) 2002年9月11日(79歳没)出生地アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト死没地アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク職業女優配偶者 ウィリアム・ボールドウィン (1944-1946)ロバート・エメット (1951-2000) 受賞アカデミー賞助演女優賞1951年『欲望という名の電車』ゴールデングローブ賞助演女優賞1951年『欲望という名の電車』その他の賞テンプレートを表示 . . . キム・ハンター . . . 本名はジャネット・コール(Janet Cole)。ミシガン州デトロイト出身。アクターズ・スタジオで学び[1] 、1947年に舞台版の『欲望という名の電車』にステラ役で出演。1951年に映画化された時にも同じ役で出演し、1952年にアカデミー助演女優賞を受賞した。このとき、ハンター本人は式典には出席せず、ベティ・デイヴィスが代理人として受賞した。しかし、1950年代半ばの赤狩りの時期に、共産主義者を支援した嫌疑でブラックリストに載ってしまい、テレビや映画での仕事がほとんどできなくなってしまった。公民権運動に熱心に取り組み、1962年には、多くの映画関係者が共産主義者と不当に告発されたことを受けて、最高裁判所で証言もしている。同年、名誉回復。その後、映画『猿の惑星』の最初の3作に出演し、再び脚光を浴びた。その後、テレビのソープオペラにたびたび出演した。1944年から1946年の間、海軍大佐ウィリアム・ボールドウィンと結婚し、1人娘カティーをもうけた。1951年から2000年の間ロバート・エメットと結婚。2人の間には1人息子のショーン・エメット(1954年生)がいる。公開年邦題原題役名備考1943夫は還らずTender...

栗本薫

栗本 薫(くりもと かおる、1953年2月13日 - 2009年5月26日)は、日本の女性小説家、評論家。日本SF作家クラブ会員、日本推理作家協会員、日本ペンクラブ会員、日本文藝家協会員、日中文化交流協会員。この項目では、実在の小説家の栗本薫について説明しています。この小説家の小説に登場する同名の名探偵については「栗本薫 (探偵)」をご覧ください。今岡 純代(いまおか すみよ)ペンネーム 栗本 薫、中島 梓、京堂 司誕生 今岡 純代(旧姓:山田)1953年2月13日東京都葛飾区死没 (2009-05-26) 2009年5月26日(56歳没)職業作家・評論家国籍日本教育学士(文学)最終学歴早稲田大学第一文学部文芸科卒業活動期間 1976年 - 2009年ジャンルSF、ファンタジー、ミステリーなど文学活動やおい、ボーイズラブ代表作 『グイン・サーガ』シリーズ『魔界水滸伝』『伊集院大介』シリーズ主な受賞歴群像新人文学賞評論部門(1977年)江戸川乱歩賞(1978年)吉川英治文学新人賞(1980年)日本SF大賞特別賞(2009年)星雲賞日本長編部門(2010年)デビュー作 評論:パロディの起源と進化小説:ぼくらの時代配偶者今岡清ウィキポータル 文学テンプレートを表示代表作は『グイン・サーガ』、『魔界水滸伝』、『伊集院大介』シリーズなど。『グイン・サーガ』は序盤が英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロシア語、韓国語に翻訳されている。また、中島 梓(なかじま あずさ)名義で、評論活動や作詞作曲、ピアノ演奏、ミュージカルの脚本・演出なども手がけた。本名は今岡 純代、旧姓は山田。夫は『S-Fマガジン』第6代編集長を務め、天狼プロダクションを経営する今岡清。母方の又従兄弟(祖父の姉の孫)に...

顧客ロイヤリティ

顧客ロイヤリティ(こきゃくロイヤリティ、英: Customer Loyalty, CL)とは、顧客があるブランドや商品、またはサービスに対して感じる「信頼」や「愛着」のことを指す。ロイヤルティとはもともと忠誠心を表す「Loyalty」から派生しており、企業に対する信頼や愛着の大きさを、ロイヤルティが高い(低い)と表現する。顧客満足度と比べ、感情的に企業やサービスへ持つ強い結びつきを表す概念で[1]、顧客ロイヤルティと表記されることもある[2]。 . . . 顧客ロイヤリティ . . . 顧客ロイヤリティという考え方は、1990年頃に顧客満足から派生して誕生した[3]。一般的に、顧客が製品やサービスを選ぶ、反復して購買するなど、消費者が抱く企業に対しての愛着や忠誠心を、購買リピート率や顧客満足度調査から数値化して導き出される[4]。顧客ロイヤリティは、大きく下記の3つに分類される。分類要件 1長期間自社商品を購入してくれる2特定の商品やサービス・ブランドの再購入、特定の企業や店、ウェブサイトへの再訪問へと結びつく感情や忠誠心3商企業と強い結びつきを得るためには、金銭的、または時間的犠牲を払うことも厭わない忠誠心顧客ロイヤリティは、市場において競争原理が働いているという前提の下、顧客の選好によってブランドが継続購入されている状態のことを指し[5]、顧客との関係性を強化することにより、商品の購入を促し、売上と利益を増やすことを目的にした考え方である[3]。野村総合研究所が2007年に行った携帯電話機メーカーのスイッチに関する調査では、「他人への推奨」が最も顧客ロイヤリティに関係しているという結論を導き出した[3]。ロイヤリティを示す行動は購買行動の他にも、以下の3つの要件が挙げられる[2]。分類要件 1商品・サービスに対する次回の購買に対する意思2友人・同僚に商品・サービスを推奨する可能性3商品・サービスを(競合商品・サービスに)切り替えることへのためらい顧客満足度は、理論的には商品・サービスに対する期待値に対して、品質が一定レベルを満たしているときに感じるもので、満足度の高い顧客が継続購入を行う前提に基づいている。しかし一方で、満足度が高いからといって、必ずしも継続購入するとは限らず、満足度と継続購入との間には、大きなハードルが存在するという指摘もある。だが、顧客ロイヤリティを重視する考え方では、提供する商品やサービスが明確に顧客の課題解決に役立つという前提があり、その結果として、自社の製品サービスが売れると考えるのが通例である[6]。 . . . 顧客ロイヤリティ . . . この記事はウェブサイトから発行されています Wikipedia. 元の記事は少し短縮または変更されている可能性があります。 一部...

埼玉県道1号さいたま川口線

埼玉県道1号さいたま川口線(さいたまけんどう1ごう さいたまかわぐちせん)は、埼玉県の県道(主要地方道)である。埼玉県さいたま市見沼区より川口市に至る本線と、さいたま市浦和区より同市南区に至る支線から構成される。主要地方道埼玉県道1号 さいたま川口線地図※本線区間のみを記している。路線延長14.179 km起点さいたま市見沼区大和田町一丁目【北緯35度55分14.52秒東経139度39分3秒】終点川口市大字道合【北緯35度50分56.8秒東経139度42分45.07秒】接続する主な道路(記法)首都高速埼玉新都心線国道463号国道298号■テンプレート(■ノート ■使い方) ■PJ道路さいたま市見沼区南中丸付近 . . . 埼玉県道1号さいたま川口線 . . . 新設の本線と旧道の支線(両線ともに後述)があり、本線の片側2車線道路は「第二産業道路」と呼ばれる4車線の都市計画道路である。支線の上木崎4丁目交差点から木崎交差点までは沿線にある埼玉県立浦和西高等学校にちなみ、埼玉県道120号上木崎与野停車場線と合わせて「西高通り」と呼ばれる[1]。なお、かつての路線名は、「埼玉県道149号柳崎大宮線」であった。本線が整備中だったために川口市柳崎一丁目を起点としていたが、本線の一部完成に伴い埼玉県道1号川口大宮線に変更された。その後、2001年(平成13年)5月1日のさいたま市発足と同時に起点と終点を入れ替え現在の名称となった。「第二産業道路」も参照本線はさいたま市の都市計画道路第二産業道路と川口市の都市計画道路大宮東京線の各一部を構成する[2][3]。2004年(平成16年)12月18日に全区間が開通した。全線が片側2車線で供用されているが、都市計画道路第二産業道路としては見沼区内の多くの区間が未整備となっている[2]。起点の大和田交差点付近の整備は着手見込みとなっている[2][4]ほか、台・一ノ久保土地区画整理事業や中川第一土地区画整理事業の施行区域に含まれる一部区間で整備が進められている[2]。ルートは、埼玉県道5号さいたま菖蒲線から連続する形でさいたま市見沼区の大和田交差点を起点とし、緑区、浦和区[注釈 1]、南区を経て、川口市の道合西交差点で埼玉県道34号さいたま草加線に接続する。支線(旧道)とは4カ所で交差する。 . . . 埼玉県道1号さいたま川口線 . . . この記事はウェブサイトから発行されています Wikipedia. 元の記事は少し短縮または変更されている可能性があります。...

田沼意知

田沼 意知(たぬま おきとも)は、江戸時代中期の遠江国相良藩の世嗣。若年寄。官位は従五位下・大和守、播磨守、山城守。この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。(2012年1月) 凡例田沼意知時代江戸時代中期生誕寛延2年(1749年)死没天明4年4月2日(1784年5月20日)官位従五位下大和守、播磨守、山城守幕府江戸幕府奏者番、若年寄主君徳川家治藩遠江相良藩氏族田沼氏父母田沼意次、黒沢定紀娘兄弟意知、勇次郎、勝助、意正、松三郎、土方雄貞、九鬼隆棋、千賀、宝池院妻松平康福娘子意明、意壱、意信ら稲葉正武正室テンプレートを表示 . . . 田沼意知 . . . 老中を務めた遠江国相良藩主・田沼意次の嫡男として誕生。母は黒沢定紀の娘。明和4年(1767年)、19歳にして従五位下大和守に叙任する。松平輝高の没後の天明元年(1781年)12月15日には奏者番、天明3年(1783年)に意次の世子の身分のまま若年寄となり[1]、意次が主導する一連の政治を支えた。これは徳川綱吉時代に老中大久保忠朝の子・忠増が世子のまま若年寄になって以来の異例な出世である。また、老中である父が奥詰めも同時に果たしたように、若年寄でありながら奥詰めもした。その翌年に江戸城内において佐野政言に襲撃され、治療が遅れたために8日後に死亡した。享年36。父子ともに現役の幕閣であったため、意次と別居するために田沼家中屋敷または下屋敷へ移ったが、新たな屋敷を構えたのは暗殺の直前であった。江戸市民の間では佐野政言を賞賛して田沼政治に対する批判が高まり、幕閣においても松平定信ら反田沼派が台頭することとなった。江戸に田沼意知を嘲笑う落首が溢れている中、オランダ商館長イサーク・ティチングは『鉢植えて 梅か桜か咲く花を 誰れたきつけて 佐野に斬らせた』という落首を世界に伝え、「田沼意知の暗殺は幕府内の勢力争いから始まったものであり、井の中の蛙ぞろいの幕府首脳の中、田沼意知ただ一人が日本の将来を考えていた。彼の死により、近い将来起こるはずであった開国の道は、今や完全に閉ざされたのである」と書き残していた。意知の死後に失脚して隠居した意次の跡は、意知の長男・意明(当時の名乗りは幼名の龍助)が継いだ。しかし、後見した意次がまもなく没し、意明も夭折した。その跡を継いだ次男・意壱、四男・意信のいずれも早世し、意知の血筋は絶えた。田沼家の家督はその後、意知の従子にあたる意定、次いで意知の弟・意正が継いだ。 . . . 田沼意知 . . . この記事はウェブサイトから発行されています Wikipedia. 元の記事は少し短縮または変更されている可能性があります。 一部...